前立腺炎とは

前立腺炎って聞いた事ありますか?

前立腺炎という病気をご存知でしょうか。
前立腺炎とは、感染症などを原因として、前立腺が炎症を起こす病気です。
これは、排尿障害を引き起こします。
場合によっては、前立腺が機能障害を起こすこともある怖い病気です。

原因と分類

前立腺炎の主な原因は、「ウイルスや細菌などによる感染」によるものです。
ですが、この原因となるウイルスや細菌を特定できない場合があります。
ですから、前立腺炎は、細菌などを原因としているかそうでないかで分類されます。

 

細菌性急性前立腺炎

細菌性急性前立腺炎とは、細菌感染が原因で、炎症が短期間のうちに発症するものです。
これは、大腸菌や膀胱炎などの尿路感染症により侵入した細菌が原因と見られています。

 

細菌性慢性前立腺炎

細菌性慢性前立腺炎とは、急性前立腺炎が慢性化している場合に発症する病気です。
また、潜伏していた細菌が、体内に親友してから期間をおいて感染・発症することで起きます。
この病気の原因は、細菌性急性前立腺炎と共通することがあります。

 

非細菌性慢性前立腺炎

非細菌性慢性前立腺炎とは、細菌やウイルス感染以外の原因であったり、未知の細菌・ウイルスの感染で起こると考えられています。
また、アレルギー症状や自己免疫不全なども、原因として考えられています。

前立腺炎の症状

前立腺炎の症状としては、前立腺の病気に見られる排尿障害があります。
また、前立腺が位置する「会陰部」に、痛みが生じることや、射精痛、排尿痛、膿の排出などがあります。

 

急性前立腺炎の場合は、発熱や寒気などの症状を伴います。
症状が悪化していくと、血尿などが出ることがあります。
また、慢性化している前立腺炎の場合は、精神的も滅入ってしまうケースも多いです。

前立腺炎の治療

細菌性前立腺炎の治療

細菌性前立腺炎の場合は、この病気の原因であると特定された細菌やウイルスに合わせた抗生物質を投与します。
このように、薬剤治療を中心とする治療が行われ。急性前立腺炎であれば、入院の必要はなく、短期間の薬剤投与だけで完治することができます。
ですが、発熱や尿道閉塞を伴う場合は、入院治療が必要になってきます。
慢性前立腺炎の場合は、抗生物質が効きにくいので、急性前立腺炎に比べ、長期の治療期間を必要とします。

 

非細菌性前立腺炎の治療

非細菌性前立腺炎の場合は、原因を特定するのに時間がかかります。
ですから、対症治療を行いながら、病状の緩和を目指す治療を行います。
その為、長期的な治療を行う必要があります。
抗炎症剤や鎮痛剤などで症状を抑えたり、抗生物質を投与する治療などが行われます。

 

>>慢性前立腺炎の悩みを解決してくれたノコギリヤシサプリの体験談はこちら