急性細菌性前立腺炎

急性細菌性前立腺炎とは

急性細菌性前立腺炎とは、尿道から侵入した細菌、または、その他の身体の部分の感染症が、前立腺に感染して起こる病気、または症状のことをいいます。
その細菌で、尿道の奥にある前立腺が炎症を起こし、充血して腫れあがります。
思春期以降の男性であれば、年齢に関係なく発症します。
また、前立腺肥大症を合併して発症するということも、少なくありません。
特に、糖尿病を患っている人は、細菌への抵抗力が低いため、感染を起こしやすいので、急性前立腺炎を起こすことが多くみられます。

検査・診断

尿の中に、細菌や膿があるかどうかを検査します。
この中に、膿が見られ、高熱を伴っていれば、急性前立腺炎の可能性があります。
また、肛門から指を入れる触診という方法で、前立腺を検査することが出来ます。
ですが、急性期に前立腺を触ると、急性細菌性前立腺炎が悪化するケースがあります。
そのような理由から、初診で前立腺への触診を行わないこともあります。

症状

尿道痛、排尿後に熱を感じたり、排尿痛、残尿感を感じるようになり、頻尿の症状が表れます。
尿に濁りがみられ、排尿の終わりに血尿が見られたり、尿道から膿が出たりします。
また、高熱を伴い、食欲不振など、全身症状を起こすこともあります。

治療方法

高熱の場合は、熱が下がるのに4〜5日程度を必要とします。
入院を必要とし、点滴や細菌に有効な抗菌剤を使用して、治療を行います。
その後、使用する薬を飲み薬に変更し、退院となりますが、症状がそれほど重くない場合は、経口薬を服用する方法で、外来治療が可能です。

 

この場合、医師の指示通りに治療に専念することが大変重要です。
症状が緩和されたり、見られなくなったからといって、そこで薬の服用をやめてしまうと、慢性前立腺炎になってしまう可能性があります。
ですから、症状が見られなくなった場合も、必ず指示された通りに、薬を服用することが大事です。

 

>>慢性前立腺炎の悩みを解決してくれたノコギリヤシサプリの体験談はこちら