慢性非細菌性前立腺炎

慢性非細菌性前立腺炎とは

慢性非細菌性前立腺炎という病気を、ご存知でしょうか。
これは、若い世代、特に30代〜40代に多くみられる前立腺の病気です。

 

前立腺炎とは、前立腺の中で炎症が生じた状態です。
これには、前立腺が細菌に感染して起きる「細菌性前立腺炎」と、細菌がない「非細菌前立腺炎」があります。
ですが、非細菌性前立腺炎の方が、多くみられる病気です。

 

慢性非細菌性前立腺炎は、慢性的に炎症が起こるものではなく、熱はなく、症状も比較的軽いものです。
そのため、前立腺炎とすぐには気付けない場合があります。
また、前立腺とは無関係に思われる部位も含めて、下半身には、様々な症状が表れます。

症状

排尿症状

頻尿、残尿感、尿の勢いが弱い、排尿後に尿漏れを生じる、排尿痛、尿道の違和感

 

腹部症状

下腹部、足の付け根、肛門の前の会陰部の鈍痛、違和感、不快感

 

その他

睾丸の鈍痛や不快感、陰嚢(いんのう)の痒み、下肢(特に太もも)の違和感、しびれ缶、ED(勃起障害)の原因になることもあります

検査方法・治療方法

検査方法

肛門から指を入れて、前立腺の直腸診を行います。
この時、前立腺に痛みがあれば、前立腺炎と診断します。
正常な場合は、前立腺に痛みを生じることはありません。
また、尿検査で、尿に白血球(炎症細胞)があるかどうかを、尿細菌培養検査で確認します。
近年、姓感染症のクラミジアが原因とされる前立腺炎も見つかっています。
ですから、性行為があった場合は、尿検査でのクラミジア検査を追加します。
前立腺に痛みを感じても、尿検査では異常がみられない場合もあります。
この場合は、慢性前立腺炎(慢性骨盤内疼痛症候群)として、治療を進めます。

 

治療方法

抗生物質や植物製剤(セルニルトン)、漢方薬などを用いて治療します。
通常は、2〜4週間で症状は軽快します。
ですが、症状が完全に取れず、数ヶ月や数年間といった長期間の治療が必要になる場合もあります。
治癒と再燃を繰り返す場合もあるので、日常生活において、日頃から注意することが大切です。

日常生活で気をつける点

長時間のデスクワークや車の運転に注意してみましょう。
1〜2時間前に席を立ったり、車から降りるなどしてみてください。
自転車やバイクは、最もリスクが高いので、乗るのはなるべく避けましょう。

 

また、疲れや日常生活で生じるストレスを溜めないようにすることも必要です。
飲酒も控えましょう。
特に、症状がある時の飲酒は、症状を悪化させる場合があるので、禁酒が必要となります。

 

男性だからといって油断せず、下半身を冷やさないように気をつけましょう。
お風呂などで身体を温めることで、症状が緩和されることもあります。

 

牲感染にも注意が必要です。
性行為後、症状が気になる場合は、迷わずに、直ちに泌尿器科へ行き、受診してください。

 

>>慢性前立腺炎の悩みを解決してくれたノコギリヤシサプリの体験談はこちら