下腹部 不快感

下腹部痛、下腹部の不快感に悩んでいませんか?

前立腺炎は、肛門の前に痛みを感じるだけでなく、下腹部痛や、下腹部の不快感など、様々な症状を呈します。

 

特に、30代から50代の、比較的若い男性によくみられる病気です。

前立腺炎の症状

  • 発熱(急性細菌性前立腺炎)
  • 排尿痛や、射精時の痛み・不快感
  • 下腹部の痛みや不快感
  • 陰嚢(いんのう)と肛門の間周辺の痛みや不快感
  • 頻尿
  • 尿が出にくい
  • 残尿感がある
  • 精液に血が混じることがある

 

前立腺炎は、原因が分からないことが多いのも特徴です。細菌などの病原体や、前立腺肥大症などにより、尿の流れを悪くする状態や、骨盤内の血行不良など、様々な原因が考えられます。

 

前立腺炎による下腹部の不快感の原因は、これだけではありません。

 

精神的な要因が加わる場合もあります。

 

日常生活で生じる疲労やストレス、過度の飲酒や長時間の運転

 

そして、長時間のデスクワークなどが誘因となることも多いようです。

日頃から注意すること

  • 過度な飲酒や、飲酒の機会を増やさないよう注意する。
  • 適度な運動を心がける。
  • 過剰な運動は避ける。
  • こまめに水分を摂る。
  • 長時間座ったり、運転したり、自転車や、特にスポーツタイプのバイクに乗るのを避ける。
  • 唐辛子やワサビなどの刺激物の摂取を避ける。

 

いまいちど、日常生活を見直し、前立腺炎の原因となるものを改善していきましょう!

 

>>慢性前立腺炎の悩みを解決してくれたノコギリヤシサプリの体験談はこちら