睾丸 違和感 鈍痛

前立腺炎にはこんな症状が

慢性前立腺炎という病気をご存知ですか?

 

初めて耳にする方も沢山いると思いますが、既に悩んでおられる方も多いと思います。20歳以上の男性の方で、下腹部や睾丸、尿道、肛門の前などに、痛みや違和感、痒みなどの症状があった場合は、慢性前立腺炎を疑ってみる必要があります。

 

慢性前立腺炎の場合、前立腺が炎症を起こしている影響から、腰痛や睾丸痛の症状が表れる場合があります。特に、性病の既往や、長時間座ったままでの、デスクワークや長距離ドライバーなどの仕事に就いている場合は、要注意です。

 

実際に、多くの男性がこの悩みを抱えているにも関わらず、明確な原因や治療方法が、断言できない厄介な病気です。これが、慢性前立腺炎の特徴のうちのひとつです。

 

慢性前立腺炎は、感染症や血流障害、排尿障害など、様々な影響が考えられています。

 

それに関して、今尚、継続して議論がなされている状況です。

 

慢性前立腺炎は、様々な症状を引き起こします。

 

症状が悪化する要因として考えられるのが、

 

  • 長時間に及ぶ座位(デスクワークや長距離運転など)
  • 疲労
  • 不規則な生活
  • 精神的ストレス
  • 過剰なアルコール摂取
  • 唐辛子やワサビなどの刺激物の摂取
  • 寒さなどによる身体の冷え
  • 低気圧

 

などです。

 

特に、疲労や寒さなどによる身体の冷え、長時間の座位は、慢性前立腺炎に悩む多くの方々が、症状の悪化を訴えています。

 

悪化因子には個人差があります。ですから、自分自身がどのような時に調子が良いか・悪いかを意識し、それにあわせて注意するといいかもしれません。

 

また、生活習慣を見直し、規則正しい生活、健康的な食生活を送るのも大切です。

 

まだ病院に行ってない方は、まずは泌尿器科に行って診察を受けて下さい。

 

>>慢性前立腺炎の悩みを解決してくれたノコギリヤシサプリの体験談はこちら