前立腺炎 痛み

前立腺の様々な痛みと原因

病院で診察した結果、前立腺炎と診断され、その痛みに苦しんでいる方は、たくさんいます。

 

前立腺が炎症を起こしたことで発症する前立腺炎。
これは、男性特有の病気です。
また、年齢に関係なく、全ての年代の方々に、発症する可能性があることで知られている病気です。

 

足の付け根や、肛門の前にあたる会陰部の鈍痛、違和感、不快感などが、前立腺炎の主な原因です。
長時間のデスクワークや運転により、圧迫された状態になることで、血液循環が悪くなり、症状が悪化することもあります。
また、排尿時に軽い違和感や排尿痛を感じる場合もあります。

 

前立腺炎の症状は、多岐に渡り、状況によっては、腰痛を発症することもあります。
前立腺炎と腰痛などの因果関係は、実際のところは、まだよくわかっていません。

 

細菌性前立腺炎の原因は、大腸菌やクラミジア、ブドウ球菌といった細菌が原因によるものではないかと言われています。
ですが、その程度で、その他の細菌性以外の前立腺炎では、はっきりとした原因は、判明していないのが現状です。

 

骨盤の歪みや、骨格上の問題点を矯正することで、前立腺炎が改善されるケースがあります。
ですから、前立腺炎が原因で身体に痛みが生じていると思われているにも関わらず、そのような治療で改善されるケースもあるのが難しいところです。

 

このように、前立腺炎と痛みについては、はっきりとした関連は、分かっていません。
ですが、何らかの形で深いかかわりがあることが推測されています。

 

前立腺炎での痛みに悩まされている方は、そのことを心に留めておきながら、医師と相談し、様々な対策をとる必要があると考えられます。

 

>>慢性前立腺炎の悩みを解決してくれたノコギリヤシサプリの体験談はこちら