前立腺炎 PSA検査

前立腺炎のPSA検査

前立腺特異抗原という言葉をご存知でしょうか。

 

これは、別名PSAと呼ばれる腫瘍マーカーのことで、前立腺癌の早期診断に役立ちます。

 

前立腺特異抗原(PSA)は、今では血液で簡単に測定できるようになりました。

 

また、前立腺癌の早期発見に役立つということも分かっています。

 

前立腺特異抗原(PSA)は、人間ドックや検診に取り入れられており、これにより、前立腺癌の早期発見が多くなってきました。

 

今世紀に入ってからは、前立腺特異抗原(PSA)検査により、多くの前立腺癌が、早期のうちに診断されるようになっています。

 

この検査は、前立腺炎でも行われることがあります。

 

前立腺特異抗原(PSA)は、前立腺のたんぱく質で、前立腺の炎症が原因によって、PSA高値になります。
このPSA数値は、4,0ng/ml以上で、そうなると「前立腺癌の疑い」と診断されることがあります。

 

前立腺炎を治療することで、PSA数値が下がってくることもあります。
ですが、PSA数値の高値が続く場合は、詳しい検査が必要になってきます。

>>慢性前立腺炎の悩みを解決してくれたノコギリヤシサプリの体験談はこちら