前立腺炎 タイプ

急性細菌性前立腺炎

尿の中にある、急性細菌性前立腺炎の原因となっている細菌の種類を調べます。
そして、その細菌に対して有効な抗生剤の投与を行います。

 

尿閉に対しては、膀胱瘻(ぼうこうろう)という、下腹部の恥骨の上を穿刺※(せんし)して尿を体外に導く管を設置します。
また、尿道留置カテーテルを用いて、排尿路を確保する必要があります。
(※体外から血管や体膣内、内臓に注射針を刺し、検査に必要な体液などを吸い取ったり、体内に溜まった体液や膿を排出、治療の為に薬物注入を行うのに用いる医療行為。)

 

日常生活の中で、水分補給を十分に行いましょう。
高熱のある症例では、安静の確保と点滴注射のため、入院治療を勧めます。
重症例では、敗血症(はいけつしょう)を生じてしまい、生命の危機を伴う場合もあるので、特に注意が必要です。
急性炎症を起こした前立腺には、抗菌薬が到達しやすい為、1週間程度で快方に向かいます。

慢性細菌性前立腺炎

通院治療で十分対応出来るので、入院の必要がありません。
検査により検出された細菌に対して、有効な抗生剤を用いて治療します。
抗菌薬は、慢性炎症を生じた前立腺には、到達しにくいのが特徴です。
ですから、急性前立腺炎に比べ、治療期間は、数ヶ月とも言われています。
その為、長期間の薬剤投与が必要です。
ですが、生命に危険を及ぼすような重い病態を示すことは、通常はありません。

 

もし、発症してしまったら、泌尿器科の専門医に相談してください。
難治性で、症状が長期化する場合には、前立腺マッサージが有効な場合があります。

 

泌尿器科の専門医に相談してください。難治性で症状が長期化する場合には、前立腺マッサージが有効な場合があります。

慢性非細菌性前立腺炎

第一選択として、抗菌薬を用いた治療が多いです。
ですが、決定的な治療方法は、未だ解明されていません。
炎症性のものでは、細菌とクラミジアの両方に有効な抗菌薬が投与されます。

 

非炎症性のものでは、筋弛緩薬(きんしかんやく)や、温座浴などの温熱治療、漢方薬が用いられます。
更に、精神科医と連携した治療も必要になってくる場合があります。

 

いずれにしても、症状の軽減までには、長期間を必要とします。
その為、患者さんによっては、不安感が強くなり、次々に医療機関を変えて受診を繰り返す人もいます。

 

慢性非細菌性前立腺炎は、治癒までに長い時間を必要とします。
ですが、生命に関わるような重大な疾患へと進む危険性は、ありません。
ですから、そのことを患者さんにしっかりと説明し、まず安心してもらうことが、治療への第一歩です。

 

病状を深刻に捉えず、病状と付き合っていくよう、生活指導だけを行い、投薬せずに経過観察をする場合もあります。
日常生活での注意点としては、長時間の座位は、避けましょう。
デスクワークなどの仕事であれば、1〜2時間に1度立ち上がって体を動かすことを心がけましょう。
また、過度の飲酒や、唐辛子やわさびなどの刺激物を多く摂取することも避けましょう。
性生活は、特に避ける必要は、ありません。

 

医師処方薬

  • クラビット(抗生物質)
  • ガチフロ(抗生物質)
  • 牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)(漢方薬)
  • 桂枝茯苓丸(けいしぶくりゅうがん)(漢方薬)
  • セルニルトン(前立腺の抗炎症剤)
  • 鎮痛剤

 

>>慢性前立腺炎の悩みを解決してくれたノコギリヤシサプリの体験談はこちら