前立腺炎 治療期間

前立腺炎の治療期間はとっても長い

前立腺炎の治療として、薬剤投与があります。

 

これは、構成物質、セルニルトン(植物製剤)、漢方薬などを用いて前立腺炎の治療を行います。

 

前立腺炎の治療期間は、通常2〜4週間と言われ、その期間内で、症状の軽快が見られます。

 

ですが、症状が完全に取れず、数ヶ月単位での治療が必要となる場合もあります。

 

難治性で症状が長期化する場合は、数年〜数十年の治療期間が必要となり、常に下半身の存在が気になってしまうというケースもあります。

 

また、治療が終わったと思っても、治癒・再燃を繰り返してしまうこともあり、非常にやっかいな病気でもあります。

 

再発を防止するためにも日頃から、日常生活について注意することがとても大切です。

 

慢性前立腺炎は、とても辛い病気です。

 

頻尿や残尿感、排尿痛など、それぞれ特有の痛みや不快感がありますし、治ったかなと思えばまた痛みがぶり返したり。

 

慢性化している場合は、長期間、この病気と付き合うことが必要となります。

 

ですから、どんな時に症状が悪化したか、どんな事があった時に、痛みが軽減したか等を、記録し、体調や状態を把握しておくことも大事です。

>>慢性前立腺炎の悩みを解決してくれたノコギリヤシサプリの体験談はこちら