前立腺 香辛料

刺激物の多量摂取は控えめに

前立腺炎の治療では、安静を保つことが大切です。

 

アルコールや、カフェインを含むコーヒー、香辛料など、刺激の強い飲食物も避けて、十分な水分を摂るのが一般的です。

 

また、慢性前立腺炎を悪化させてしまう因子として、飲酒癖や過労、緊張、ストレス、長期座位、刺激物の大量摂取、射精不足や熱い風呂がよく知られています。

 

前立腺炎には、唐辛子やわさびなどの刺激物の多量摂取は、よくありません。
カレーや、香辛料など、あまり辛いものを摂取することで、調子が悪くなる人も多いようです。
実際、病院でも、飲酒であったり、辛いものは厳禁だと言われると思います。

 

アルコール飲料や、カフェインの含まれたもの、柑橘系のジュース、熱いものなど。
このような、膀胱を深いにさせるような飲料水や食べ物は、なるべく避けるとよいでしょう。

 

ただし、人によっては、このようなものを飲んだり食べたりしなくても、症状が変わらないという人もいます。
摂取しないことがベストではありますが、症状が悪化しないようなら、適度に抑えれば、問題はないと思います。

 

何を食べた時に悪化したか、どういう状態の時に症状が軽減されたかを、記録しておくのもいいかもしれません。

>>慢性前立腺炎の悩みを解決してくれたノコギリヤシサプリの体験談はこちら