水分不足 前立腺炎

1日2リットルの水分補給を心がけよう

私達が生きていくために、大変重要なのが「水」です。

 

水は、欠くことのできない存在ですが、その摂取量が不十分であることで、体に及ぼす健康障害が、多くの悲劇を引き起こしています。

 

体内の水分が不足してしまうと、免疫機能が働かないといわれています。

 

例えば室戸海洋深層水などを、長期間の食事や飲用に利用することで、免疫効果を高め、癌細胞などが出来にくい状態を作ると言われます。

 

また、血液の流れを良くして、貧血や便秘改善に効果的であることが、研究で明らかになっています。

 

前立腺炎の症状を改善するためには、1日2リットル程度の水分補給をして、頻回かつ完全に排尿するようにします。

 

水分不足の状態が続くと、脳梗塞や心筋梗塞など、様々な健康障害のリスク要因となってしまいます。

 

特に熱い季節であれば、熱中症にもなりやすくなります。

 

水分補給は、前立腺に対してのみだけではなく健康維持のためにも、とても大切であるといえます。

 

中でも、「目覚めの一杯」、「寝る前の一杯」は、とても大切と言われています。

 

「水を飲む」という行為は、とても大切なことなので、毎日欠かさず続けましょう。

>>慢性前立腺炎の悩みを解決してくれたノコギリヤシサプリの体験談はこちら