長時間 座る

長時間座ると股が痛い

長時間の座位は、前立腺には、よくないと言われています。

 

では、なぜ長時間の座位は、前立腺によくないのでしょうか?

 

それは、長時間座っていることで、前立腺を継続的に圧迫し、そうなることで、血行不良を引き起こしてしまうからです。すぐに改善できる人は、特に問題はありません。ですが、例えば仕事柄、長時間座らざるを得ない状況の人や、事務職や運転士の人には、なかなか難しい問題です。30分や1時間ごとに、定期的に休憩を取れればベストですね。その際は、立ち上がって背筋を伸ばしたり、少し歩いて足を動かすなどの週間を身につけましょう。

 

また、円座や、骨盤への負担を軽減する椅子などを使用するのもお勧めです。

 

ホームセンターなどでも購入出来る円座から、出産後にしようするような、医療用の円座など、様々なタイプのものが販売されています。慢性前立腺炎を「悪化させない」という目的から考えると、より高品質なものを選択するといいかもしれません。安物はすぐにダメになってしまうので、少々お値段が高いものでも、延々と治療を続けることを考えたら、安上がりだと思います。

 

私のお勧めは、左右の座面を体型にあわせることで、常に安定した楽な姿勢を作ることが出来る椅子です。

 

 

人間工学に基づき医療機器としても認定されているHARAチェア。
前立腺疾病の予防効果も記載されているのでチェックしてみて下さい。

 

この椅子によって、骨盤や筋肉にかかる負荷が分散されます。

 

ですから、椅子からくる生活ストレスを緩和し、肛門や前立腺、膀胱周辺の筋肉の緊張感を、かなり和らげることが出来ました。

 

一度、座ってみると、違いがとてもよく分かるのではないでしょうか。

 

長時間座ると股が痛い人や、デスクワークの多い人には、特にお勧めです。


>>慢性前立腺炎の悩みを解決してくれたノコギリヤシサプリの体験談はこちら