睡眠不足

睡眠不足が及ぼす影響

長い人生の中で、3分の1の年数は、眠って過ごしているといわれています。
睡眠は、大切なものです。
この睡眠が不足することで、身体に様々な影響を及ぼす場合もあります。
寝不足は、万病の元なのです。

 

睡眠不足が及ぼす影響として、もっとも懸念されるのは、やはり健康への被害です。
1日だけ眠れないという場合は、不眠症とはいいません。
ですが、継続的な睡眠不足は、体内に糖尿病や肥満を起こす有害物質を増やしてしまうことが確認されています。

 

当然のことながら、これらを改善するには、睡眠をとる以外にありません。

 

安眠の方法としては、運動と栄養素を見直して、眠る前にリラックスした状態を保つことが大切です。
その前提として、最も重要なポイントがあります。
それは、「体内時計を整える」ことです。

 

体内時計は、太陽の光を浴びることによって、リセットされ、調整されます。
体内時計がずれた夜型のリズムのままで運動をしたり栄養をとったり、リラックス対策をとり早めに就寝しても、体温が高いのですぐには眠れません。

 

私達人間は、体温が下がるときに眠くなります。
このとき、体温の下降に同調するようにして、自然と睡眠ホルモンであるメラトニンが分泌されます。
運動や栄養、リラックス方法というのは、それを補佐するものなのです。

 

不眠の原因であるストレスや夜更かし、カフェインの過剰摂取、夕食の内容などは、前立腺炎を悪化させる要因と一致します。
生活の中に運動を取り入れ、睡眠を促す栄養素を摂取するよう、日頃から心掛けることが大切です。

>>慢性前立腺炎の悩みを解決してくれたノコギリヤシサプリの体験談はこちら