運動 前立腺炎

長時間座る方こそ、適度な運動を!

前立腺の病気を引き起こす原因の一つに、「下半身の血行不良」があります。

 

これは、長時間デスクワークをする人や、長距離の運転士などに多くみられます。

 

1時間に1回くらい、椅子から離れ、下肢の屈伸運動をしたり、少し歩くなどすると良いと言われています。

 

このようなことから、長時間座ってのお仕事であれば、下半身の血行を良くすることで、前立腺を活発化させ、前立腺の病気を未然に防ぐことが出来ます。

 

また、前立腺の病気の症状を改善することが出来る、といった効果が期待出来ます。

 

管理人が生活に取り入れて実際効果のあった運動

 

私も職業柄、長時間椅子に座った状態で作業をしていますが、必ずといっていい程、前立腺炎の痛みを感じていました。ですから、少し職場内を歩いたり、飲み物を買いに行くなど、なるべく動くように心掛けています。

 

実際に、週3回程度、夜にジョギングを始めてみると、痛みも軽減しました。

 

時間のある人は、生活の一部に、運動を取り入れてみることをお勧めします。運動をすることで、身体の代謝も上がってきます。また、下半身のうっ血を改善するには、骨盤の血行をよくする運動や、骨盤を矯正するグッズなども効果的です。

 

姿勢が猫背であったり、O脚だと、身体のバランスは、崩れています。そうした身体の歪みが原因で、前立腺炎を患っている人には、こういった運動は、特にお勧めです。
ジョギングは特におすすめだと思います!


>>慢性前立腺炎の悩みを解決してくれたノコギリヤシサプリの体験談はこちら